ダイエットを成功させるには、積極的に体を動かして運動をすることです。肥満になる理由は個人差がありますが、消費しきれなかったカロリーが脂肪になることがあります。身体に貯め込まれている脂肪を運動によって使い切ってしまえば、ダイエット効果が得られます。体を動かすことなら何でもダイエットに効果的ですが、ダンベル運動や走り込みなどの無酸素運動と、ウォーキング等の有酸素運動があります。もしもダイエットのために体を動かしたいと思っているなら、無酸素運動ではなく、有酸素運動をするようにするといいでしょう。ダイエット効果が高い理由としては脂肪燃焼効果が挙げられ、脂肪はゆっくりと時間をかけて運動することで燃焼していきます。短い時間で運動をする時などは無酸素運動も有効ですが、脂肪を燃やすのなら有酸素運動が向いています。ウォーキングは効果的な有酸素運動ですが、歩くことが基本なので、30分ぐらいの運動で脂肪燃焼効果を得ることが可能になります。長く続けやすい運動かも、ダイエットの成否に関わってきます。筋肉痛になりやすいのも無酸素運動のほうですし、激しい運動をしすぎると身体に痛みが翌日以降に残ったりもします。運動を継続することが困難になったり、体の回復を待つ必要があるようなこともあります。続けることでダイエットの効果が出てくるので、体の負担が少なく気軽に行えるウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。